トシ&リティ 「12色」オトコ選び占い
トシ&リティ 「12色」オトコ選び占い
トシ&リティが昨年出版した『「結婚できる女」になる36の方法』(双葉社)の付録、”「12色」オトコ選び占い”を特別掲載!

イラスト/菜々子

 

「あなたはどのジェントルマンとデートしたい?」

今、このイラストをパッと見て、直感で「ビビッ!」ときたジェントルマンを頭に思い浮かべて、解説に飛んでちょうだい、あなたの今の心理状態が丸裸になっちゃうわよ♡

 

 

 

【解説】

今、あなたが「この人がイイかも」って選んだ色のジェントルマンが、今のあなたに足りないものや、潜在意識に抱えているお悩みを示してくれているの。よ~く読んでくださいね。さらに、そんなあなたに対する、“ほぼ”半日でできる開運方法も教えちゃうわよ♡

 

 

(1)黄のジェントルマン

images_tr_01_02a

 

黄:お金持ちで豊かな人生を送るオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

玉の輿を夢見るシンデレラ

 

 

お金に不安がある人って黄色を求める傾向があるのよ。いつも「お金がない、どうしよう」って考えているんじゃないかしら? そんな貴女は、黄色のジェントルマン=お金持ちの豊かなオトコにふさわしい「レディ」になることが開運のポイントよ。同じ波長同士ならば、お互いの心は引き寄せ合うものなの。その出会いのために必要なラッキープレイスは、クラシック音楽やバレエを鑑賞するコンサートホールよ。

 

 

 

 

 

(2)黄緑のジェントルマン

images_tr_02_02a

黄緑:社会貢献好きで社交的なオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

コンプレックス満載の自分嫌い女

 

 

あなたはひょっとしたら「ボランティアなんてどうでもいい」なんて思っている、お金が絡まないと動かないタイプじゃないかしら? それに表に出ることが嫌いで、自分の殻に閉じこもってクヨクヨしているでしょ? でもね、自分が嫌いで悩んでいる人って、実はプライドが高かったりするのよね。そこには“表に出て恥をかきたくない”っていう潜在意識の心理があるからなのよ。だから黄緑色のジェントルマンに出会うためには、素直になってプライドを捨てることよ。方法は簡単よ。混雑している電車の中で“変顔”をすることよ。それができるようになると一目を気にすることがなくなって、キラキラした社交性がいつの間にか身についているものよ。

 

 

 

 

 

(3)緑のジェントルマン

images_tr_03_02a

緑:世話好きのイクメンなオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

正義感バリバリのすれ違い女

 

 

緑は平和と調和、そして安定の色。そんなカレは家事も育児も、身の回りのお世話をすべて引き受けてくれるありがたい存在。常日頃から仕事や正義感で攻撃的に生きているあなたは、そんな自分に疲れて癒しを求めているのよね。そんなトゲトゲ波動ではオトコはドン引きよ。その波動を優しくしてくれるのは植物よ。まぁ~るい葉の観葉植物、特に♡型のモンステラをお部屋に置くことよ。命ある存在が、あなたのトゲトゲを癒してホッとした心に変えてくれるわよ。グリーンサラダをいただくこともオススメよ。戦わなくても大丈夫よ。

 

 

 

 

 

(4)青緑のジェントルマン

images_tr_04_02a

青緑:性別を感じさせないジェンダーレスなオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

口うるさいガミガミ女

 

女性性を強調しすぎて「男は敵だ」みたいに思っていると、むしろ、そんなシーンを日々の生活の中で引き寄せてしまうものよ。「男らしさ」に潜む嫌悪主義的な危うさに、あなたは嫌悪しているのかもしれないわね。だから、清らかで性的なものを感じさせない、ジェンダーレスな人と会うと安心するのよね。そんなあなたは、お家に観葉植物を置くだけでは今の状況を癒しきることはできないわ。熱帯植物の大きなパワーを浴びることが最高の癒しになるから、植物園の温室にGOよ!

 

 

 

 

 

(5)緑みの青のジェントルマン

images_tr_05_02a

緑みの青:知性的で可愛い年下のオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

頑固で自己中な女王様女

 

「相手には絶対に合せないわよ」という恋愛観を持っていたとしたら、その関係は長くは続かないものよ。たとえば、どんな人が理想? って聞かれたとき、迷わず「優しい人」って答える人は大抵「自分の言うことを聞いてくれる人」っていう心の声が隠れているのよ。だけど、そんな都合のいいオトコはいないから、あなたのほうが変わるしかないわ。それには今すぐ会社を早退して電車に乗って、海に飛び込みに行ってちょうだい。流れに身を任せ、ぷかぷか浮かんでいると、神秘的な自然な相に包まれて浄化されるわよ。そうすると「愛は決して一方通行ではなく、ともに同じ方向を見て歩いていくものだ」ということが分かってくるかもね。

 

 

 

 

 

(6)青のジェントルマン

images_tr_06_02a

青:知性的な年上のオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

ちょっぴりおバカなドジ女

 

 

知的なジェントルマンを求めるということは、今のあなたは知識や教養が不足していることを痛いほど身にしみて感じている状態だということなの。まずはイギリス文学、特にシェークスピアを一冊でいいから毒はしてみて。また、フランス音楽、特にラヴェルの作品を聴いてみてちょうだい。アイロニーとエレガントが混在していて、脳細胞が活性化されるわよ。こうして“知性の女神=メーティス”を味方につけるのよ。

 

 

 

 

 

(7)青紫のジェントルマン

images_tr_07_02a

 

青紫:ロマンチックな吟遊詩人系なオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

ハートのモイスチャー不足女

 

 

今のあなたは物質的には満足しているけど、心が満たされていないんじゃないかしら? だから、そんなあなたと対局にいる、家の前にギターを片手にフラッと現れて窓辺で歌を歌ってくれるようなオトコに惹かれるのよ。日常の乾いた心を潤すためには、まずは美術館に行ってみて。そこで、たった一枚だけ“お気に入り”の絵を見つけたら、何時間でもとことん、その絵と向き合うのよ。その時に大切なことは絵を「モノ扱い」せず、一つの作品として、魂がこもった存在としてリスペクトすることなの。そうやって、ゆったりと他社と向き合う時間を過ごしていくことで、いつしかあなたの中に“心の美容液”が充満するんですのよ。

 

 

 

 

 

(8)紫のジェントルマン

images_tr_08_02a

 

紫:美しいイケメン俳優的なオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

自分を愛することができない自己犠牲女

 

 

美しいオトコを求めているということは、実は「自分の内面をブサイクだ」と思っている心のSOSだったりする場合があるの。だけど、実際は「年齢が」とか「もともとの容姿が」なんて自分に言い訳して、自分磨きをサボっているだけなのよ。本当に自分を愛するっていうことは、自分を甘やかすことではないからよ。手始めにピンク色のバラの花を買ってきて、その花びらを散らしたバラ風呂に入るのがよろしくてよ。バラの浄化作用と女子力アップ作用の波動が溶け込んだお湯を素肌から吸収して、「私はいいオンナ」と3回唱えてね。

 

 

 

 

 

(9)赤紫のジェントルマン

images_tr_09_02a

赤紫:叱ってくれる年上のオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

かまってちゃんのお子ちゃま女

 

 

「女友達は上辺だけの褒め言葉ばかりだし、誰かに本気で叱られたい、かまってほしい」――それは甘えた不満よ。自分で自分を律することができなければ、理想の相手も現れないものよ。なにせ、波長の法則があるからよ。赤紫色を選んだあなたはポリフェノールが不足しているわ。今夜は自分へのエールを送るために赤紫ディナーを手作りしてね。前菜はパープルオニオンとスモークサーモンのマリネ、メインは牛肉の赤ワイン煮込み、デザートはアメリカンチェリー&バニラアイスのブランデーがけ。これで、お子ちゃま女を卒業して“カッコよくて美しい=カッコ美しい女”になって、颯爽とコスモポリタンを闊歩してね。

 

 

 

 

 

(10)赤のジェントルマン

images_tr_10_02a

赤:野心家で情熱的なオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

病弱アピール女

 

 

19世紀のヨーロッパじゃあるまいし、病弱に見えることが儚い美しさのしるしなんて、どうかと思うわよ。体育会系でエネルギッシュなタイプの彼を選んだあなたは病弱状態を邁進中。そんなジメジメしたカビくさい生活は、今日がチェンジのチャンスよ。あなたが必要としているのは太陽の光。毎朝、日の出とともに30分ほどのお散歩をしてエネルギーチャージをすることよ。こうして身も心もピッカピカになると、いつも自然に笑顔があふれてくる素敵な出来事がたくさん怒ってくるようになるわよ。

 

 

 

 

 

(11)赤オレンジのジェントルマン

images_tr_11_02a

赤オレンジ:世界を飛び回る精力的なオトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

ボーッと生きてるお嬢ちゃん女

 

 

赤オレンジなジェントルマンは「時は金なり」タイプ。ニューヨークのウォール街が似合うような生き馬の目を抜く生活をしているビジネスマン。そういう波動を求めているあなたは「なんとなく毎日をダラ~ッと過ごしてしまう」生き方をしていることに、心の深いところでは焦りを感じているはずよ。そんなあなたに超オススメは、肉体を通して「ぼんやり脳」に刺激を与えることよ。滝に打たれたり、座禅をしたり、スパルタに指導してもらうのが一番の解決策よ。そうすれば出会いはもう間近に迫ってくるわよ。

 

 

 

 

 

(12)黄オレンジのジェントルマン

images_tr_12_02a

黄オレンジ:性欲旺盛な種牡オトコ

 

 

そんなカレを選んだあなたは――

 

心が冷え切った冷蔵庫女

 

沈着冷静でいることは社会人としては重要な要素であるし、素晴らしいことだとは思うわよ。だけど、いつもそういう状態だと、あなたの人生も凍りついちゃうわよ。人たるもの「知」情・意」と言って、知性と感情のバランスが大事とされているの。理性的になることも、人に対して優しく接することも、自分を表現することも、みんな大切な自分の一部なのよ。この黄オレンジの波動を身につけて、バランス感覚あふれるキラキラレディになってね。ハワイ島でキラウエア火山にご挨拶してくると、運が開けるわよ。

 

 


 

 

『「結婚できる女」になる36の方法』(双葉社刊)より

「結婚できる女」になる36の方法

 

 

プロフィール
トシ&リティ
予約の取れない“ゲイカップルスピリチュアルカウンセラー”。都内のトータルヒーリングサロンにて、これまで女性を中心に3,000人以上のお悩みを解決。現在、なんと現在1年半待ち。書籍『「結婚できる女」になる36の方法』(双葉社)が2016年10月に発売。 トシ(左)/東京都出身。牧師として活躍していた当時、ゲイであることをカミングアウト。現在はカウンセラー、開運料理研究家として活躍。料理やメイク・カウンセリングを通して「人生の質を高める」スピリチュアルを伝える。 リティ(右)/ラオス出身。生後半年で亡命し、タイの難民キャンプで過酷な状況をサヴァイヴした経歴を持つ。2011年よりトシとともにスピリチュアルカウンセラーとして活躍。