「ネガティブ」を使いこなそう!
“悔しい”をバネに、ネクストステージへステップアップをする
おしゃべりな筋肉(24)
おしゃべりな筋肉(24)
「ネガティブ」を使いこなそう!
“悔しい”をバネに、ネクストステージへステップアップをする
初回から読む
今年デビュー20周年を迎えたT.M.Revolution 西川貴教さんの連載『おしゃべりな筋肉』! 今回のテーマは『ネガティブ力』です。ネガティブというと聞こえが悪く感じますが、自身を”ネガティブのベテラン”と語るほどネガティブ力に優れた西川さんが考える真のネガティブ力とは。

“悔しい”は次への原動力

誰かに言われたことに腹を立てたり傷ついたり、誰かと自分を比べて悔しくなるのは、この人には負けたくない、自分にだってチャンスがあると思っているから。「すごいなぁ」と他人事として見ているのではなく、何かのきっかけや努力で自分にもチャンスがあると少なからず信じているからではないでしょうか。

 

例えば僕がオリンピックで棒高跳びの選手を見て、「うわ~!すごいな!」と感嘆することはあっても、「なんで俺にはできないんだ!」と悔しがることはありません。72回スライドさせないと開けられない箱根の寄木細工の箱を見れば「すごいやん。ほしい!」となるけど「僕も作れるようになりたい!」とは思わない。

あまりに自分とかけ離れていると、悔しい気持ちなんて抱かずに…

 

 

 

 

この続きはROLAアプリをダウンロードすると
無料で読むことができます。

 

アプリ(無料)をダウンロード

この続きはROLAアプリをダウンロードすると
無料で読むことができます。

 

アプリ(無料)をダウンロード

 

 

 

プロフィール
T.M.Revolution 西川貴教
1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。1996年5月、西川貴教のソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル「独裁 -monopolize-」でデビュー。「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」など大ヒット曲を連発。今年デビュー20周年を迎え、オールタイム・ベストアルバム「2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-」をリリースし、47都道府県ツアーを開催中。